ゲームアプリ(ジャンル)

【2020年】トレーディングカードゲーム(TCG)最新おすすめスマホゲームアプリ!

更新日:

ハースストーンから始まった、スマホでのトレーディングカードゲーム(TCG)

スマホとTCGの相性がかなり良いということもあって、全国大会も行われている活気があるスマホアプリジャンルです。

最初は、ハースストーン一強でしたが、2019年にもなると他にもいろいろなTCGアプリがリリースされました!

この記事では、戦略が重要なトレーディングカードゲームの最新アプリを紹介します。

2020年06月のおすすめゲームアプリ!放置少女!

放置少女~百花繚乱の萌姫たち~

放置少女は、放置している間にも自動で戦い成長する、美少女系放置ゲームです。

プレイしてまず感じたのは、キャラがみんなかわいいということ。

登場するキャラは全て美少女で、しかも動いたりいろいろと揺れたりします。

戦闘はアプリ起動中も閉じている間も、常に進んでいます。

勝手に戦い、勝手にレベルアップしてくれるなんて、まるでキャラクターが生きているみたいですよね。

キャラクターたちには声もついているので、愛着も湧いてきます。

このゲームに難しいルールは無く、キャラの強化や装備を考えれば良いだけなので、遊び方は非常にシンプルです。

さらに、ある程度レベルが上がると、闘技場が解放され、対人戦を楽しむことができるようになります。

ガチャなどで入手できる個性豊かなキャラで自分だけのパーティを組み、対人戦に挑んでみましょう。

基本の遊び方は「放置するだけ」ですが、意外にやり込み要素もあるので、ゲーム初心者からゲーマーまで楽しめるアプリです。

トレーディングカードゲーム(TCG)アプリおすすめランキング!

1位:デュエル・マスターズ プレイス

デュエル・マスターズ プレイス
デュエル・マスターズ プレイス
開発元:株式会社 タカラトミー
無料
posted withアプリーチ

2位:ハースストーン

ハースストーン
ハースストーン (Hearthstone)
ハースストーン (Hearthstone)
開発元:Blizzard Entertainment, Inc.
無料
posted withアプリーチ

元祖トレーディングカードゲームアプリのハースストーン。

OverWatchやWarcraftシリーズを手掛けるブリザード社が作成したトレーディングカードゲームアプリです。ブリザード社が作成しているだけあってクオリティが高い。世界中でも、大ヒットしており高額賞金の大会もあります。

スマホアプリ特有のスタミナ性は一切なく、ずっと遊び放題です。ホント、時間を忘れます。

AIと勝負するアドベンチャーモード、対人戦でランクを上げるランクマッチ、ランダムにカードを選んで30枚のデッキを作り連勝を目指す闘技場など、ゲームモードもたくさんあり長くプレイしていますが全然飽きません。

不要なカードを売ることで、目的のカードを購入できるシステムもありますので、毎日やれば無課金でも十分に楽しめます。仮に課金したとしても6,000円程度で十分に上位を目指せるレベルになります。トレーディングカードゲームアプリ初心者の方はハースストーンから始めるのがおすすめです。

オススメポイント!

  • 元祖スマホTCG!
  • 高額賞金の世界大会!
  • 無課金でも十分に遊べる!

3位:ゼノンザード(ZENONZARD)

ゼノンザード(ZENONZARD)
ゼノンザード(ZENONZARD)
ゼノンザード(ZENONZARD)
開発元:BANDAI Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ

ゼノンザードは2019年9月10日にリリースされた最新のトレーディングカードゲームアプリです。

なんと、このアプリの運営はバンダイになります。つい最近カプコンが同じカードゲームである「TEPPEN」をリリースし、参入しました。

バンダイも負けじと参入してきたので、TCG界隈がすごいバチバチな雰囲気を出していますね。

このカードゲームの他にない特徴はなんといっても、「ミニオンの移動」というシステムです。

1ターンに1度、「マナゾーンのミニオンをベースへ移動」または、「ベースのミニオンをマナゾーンへ移動」することができます。

このシステムによりマナのブーストで高コストミニオンを召喚したり、余ったマナゾーンのミニオンをゾーンへ戻す事が可能です。

マナブーストにはミニオン保護の役割もあるので、伏兵的な使い方をして相手を出し抜いたりするとしてやった感があって楽しいですね。

他には、「フォース」と呼ばれるものがあります。

「プレイヤーへのミニオンによるダメージを1減らす」、「マナゾーンに一定数マナがある場合、移動権を1増やす」といったものがあるいわゆるお助けアイテムです。

フォースのコストはプレイヤーのライフから振り分けておりフォースを組み込むとライフがその分減ります。

もちろん強力なフォースはコストも重いですのでフォースとライフのバランスが大事ですね。

カードゲームにおける一番大事なものはデッキですが、「何を入れればいいかわからない」という人のためにデッキ構築のアドバイスを出してくれます。

また、デッキコードという機能があり、カードがそろっていればトップメタのデッキも簡単に作成することができるのでそのまま使う事も出来ますし、AIバトルでそのデッキを使用させて作ったデッキがどのくらい通用するか確かめることも可能です。

まだ、リリースされて間もないですので、いち早くこのゲームのルールを理解し頂点を目指してみましょう。

オススメポイント!

  • 「ミニオンの移動」「フォース」といった独自システム
  • デッキコードやカードのアドバイスの補助により楽にデッキ構築が可能
  • AIバトルでデッキ評価ができる

4位:TEPPEN

TEPPEN
TEPPEN
TEPPEN
開発元:GungHo Online Entertainment, Inc.
無料
posted withアプリーチ

TEPPENはガンホーが運営する今までの常識とはまた違ったTCGです。

登場キャラクターはリュウや春麗といった「ストリートファイターシリーズ」のキャラクターをはじめ、「モンスターハンター」からリオレウスなどといったCAPCONのキャラクターのみ登場します。

ですので、実質CAPCONのカードゲームといっても違いはないでしょう。

ゲームシステムは、端末で行うという特徴をとらえているリアルタイムカードバトルです。

TEPPENと同じようなカードゲームを現実で行おうとすると、プレイヤーだけでなく審判も必要になってくるのですごい画期的なシステムと感じました。

デッキは1人のヒーローとユニット、アクションカードから構成されていて、ユニットカードは場に最大3枚コストを支払って出すことが可能です。

出したユニットカードは正面の敵ユニットに攻撃し、正面にいない場合はヒーローに攻撃します。

アクションカードは、コストを支払い相手ユニットカードを対象に使用可能です。

この時にターン制の「アクティブレスポンス」が開始され、双方のアクションカードを使った駆け引きが行えるのですが、プレイヤーごとに時間制限もあるので素早い対応が必要になります。

ヒーローは今まで使ったユニット、アクションカードをAPとして貯めることができ、一定数たまると超必殺技を発動可能です。

超必殺技はヒーローごとに効果が違うので、自分のコンセプトに合ったキャラクターを探すのもいいでしょう。

本作は2019年8月8日にサービスが開始されましたが、宣伝や動画サイトを見ると力の入れ具合が他のカードゲームと一線を画しています。

2019年のTGSでは大会も開催されているので、プロを目指して戦ってみるのもよし、カジュアルに遊ぶのもよしといったゲームになるのではないでしょうか。

オススメポイント!

  • CAPCONのキャラクターのみで構成されたカードゲーム
  • 他に類を見ない新しいゲームシステム
  • サービス開始1ヶ月で大会を開催するくらいの盛り上がり

5位:錬神のアストラル

錬神のアストラル
錬神のアストラル
開発元:NC Japan K.K.
無料
posted withアプリーチ

錬神のアストラルはNCジャパンが手掛ける対戦型デッキバトルゲームです。

NCジャパンは有名なMMORPGであるブレイドアンドソウルとリネージュ2も運営しています。

本作のシステムは4×3のマスに2体ずつユニットを配置するといった内容です。

配置方法は横方向は自由に選べるのですが、縦方向は前列から埋めていくという「ぷよぷよ」のような落ちものパズルの様な方法になっています。

ユニットには赤青緑の三色あり、同じ色のユニットを隣合わせるとユニットが進化していきますので、何度も進化を繰り返して有利に進めるのが勝利のカギです。

また、進化を繰り返すとユニットが大きくなり、それに合わせてフィールドも大きくなっていきます。

ターンの初めにターンを開始するプレイヤーのユニットが攻撃を行うのですが、各ユニットの存在する列に相手のユニットがいない場合直接攻撃を行うので、初めのユニットをどこに置くか、どのユニットを進化させるかという部分が重要です。

プレイヤーの分身として「錬神術師」が選べ、「錬神術師」によってキャラクタースキルが違うので、デッキにあったキャラクターを選ぶのがさらに勝利に近づきます。

主なコンテンツは対戦なのですが、クエスト(PvE)も用意されているので、初めての方や対人戦が苦手な人でも安心してゲームに触れることができますね!

オススメポイント!

  • 落ちものパズル風のターン制バトル
  • ユニットを隣合わせて進化をさせ、戦況を有利に
  • 初心者にも安心してできるようにPvEも用意

6位:セフィロト-時の世界樹-

セフィロト
セフィロト-時の世界樹-
セフィロト-時の世界樹-
開発元:A&G.co.,Ltd
無料
posted withアプリーチ

セフィロトは、様々な乙女ゲーのキャラクターが登場する、シンプルな女性向けTCG(トレーディングカードゲーム)です。

セフィロトの運営レーベルであるオトメイトが、これまでリリースしてきた様々な乙女ゲームから、人気キャラクター達がカードとして登場します!

オトメイトゲームのファンにとっては、オールスターのようなゲームですね。

各キャラに、このゲームでしか見られない専用ストーリーも用意されているので、ファンは必見です。もちろんこのゲームで初めて出会う人たちも楽しめる内容になっています。

カードゲーム自体はとてもシンプルで、攻撃するか回復するかという選択をするのみです。

戦略性が低く、ストーリーを進められるかはガチャで強いカードを引けるかに掛かっているので、普通のTCGだと思ってプレイすると相当ギャップがあります。

もともとオトメイト作品のファンの人や、乙女ゲーが好きな人には楽しめるアプリになっています。

オススメポイント!

  • オトメイト作品のキャラクターが一同集結
  • 各キャラにここでしか読めないシナリオが用意されている
  • ゲーム自体はシンプルで遊びやすい

7位:とある魔術の禁書目録 幻想収束

とある魔術の禁書目録 幻想収束
とある魔術の禁書目録 幻想収束
とある魔術の禁書目録 幻想収束
開発元:SQUARE ENIX INC
無料
posted withアプリーチ

とある魔術の禁書目録 幻想収束は大人気小説「とある魔術の禁書目録」のスマホゲームです。

ゲームのストーリーも初めから追っていくので、原作未読だったりアニメを見ていない人でも安心して話を見ることが出来ます。

他にも陣営やキャラクター毎のサイドストーリーも豊富なのでアニメでは放送していない内容も閲覧可能です。

声優陣も阿部敦、佐藤利奈、岡本信彦(敬称略)らとアニメのキャストと変更がありませんので、違和感なくプレイできるのもいいですね。

戦闘は五か所に最大三人のキャラクターを並べて攻撃可能な場所へ移動させたり、ベースとなるキャラクターへ重ねて連携攻撃が可能です。

攻撃方向は最大三か所なのですが、「攻撃箇所が多いと連携ベースになれない」「攻撃箇所が少ないと連携できる人数が多い」といったよく考えられたバランスになっています。

他にも、お気に入りのキャラをメインメニューに置いたり、待ち合わせやギフトで親睦を深められるのもキャラゲーの特徴をよく生かしています。

原作小説自体とても息が長いので、「小説じゃもう追えないし、アニメも良いけど楽しみながら追いたい」という人や「小説、アニメ全部見たけど自分でキャラを操作してみたい」という人にもおすすめのゲームです。

オススメポイント!

  • 原作ファンはもちろん未読の人でも楽しめる
  • キャラクターとの距離を近づけるコンテンツが盛りだくさん
  • 攻撃範囲がすべてではない戦略性の高い戦闘システム

-ゲームアプリ(ジャンル)

Copyright© AppRec , 2020 AllRights Reserved.